ペットセラピーとは?

ペットの存在は、人間の心を穏やかにしてくれるとされています。
そこで、現在動物たちが、人間のストレス軽減に何らかの効果を示すのではないかということで、ペットセラピーという業種があります。
正式にはアニマルセラピーという言い方もしますが、動物との触れ合いを通じて、精神的に安らぎを与えることができます。
特に、子どもたちの反応は顕著で、小児病棟に定期的に訪れるペットを待ち続ける子どもたち、ひきこもりの治療などに一役も二役も買っているとされています。
犬や猫といった身近な動物ばかりではなく、馬やイルカのような大型動物でもペットセラピーとして応用できます。
主に哺乳類が適しているとされていますが、中には爬虫類のペットセラピーによって、自身の自信を回復したという方もいらっしゃいます。


また、高齢者にとっても、ペットセラピーの役目は大きく、長期間施設にいなくてはならない高齢者に対して、自身が好きな動物が訪れると、それに触りたくて、普段動かさない筋肉を頑張って動かしたり、自然と笑顔が溢れる表情を持つことができるようになった方も少なくありません。
こうした、精神的肉体的弱者に対して、多大な貢献度があるとされるペットセラピーの役割は、人間関係が希薄な現代社会において、生命の尊厳等を独特の愛らしい表情で語りかけることで、多大な成果をあげているとされています。


しかし、中には動物嫌いの方もいらっしゃいます。
そのような方にとっては逆効果になってしまいます。


[Recommend Site]
犬の健康に気を使った無添加ドッグフードの販売サイトです・・・ドッグフード